2016年05月15日

皐月の我が家の晩ごはん

初夏のお献立は

鰹のたたき
鰹のニンニク竜田揚げ
新じゃがのベーコン煮
いんげんのピーナツ和え
鰹のすり流し
しらすと大葉ご飯

たっぷりの薬味でいただく鰹のたたき。
玉葱、みょうが、しょうが、青紫蘇、青葱、
スライスしたにんにくはサラダ油でこんがり。
ポン酢をまわしがけて、出来上がり。

ニンニク風味のタレに鰹を漬け込んで。
片栗粉をまぶしカラリとあげた竜田揚げ。
揚げすぎでパサパサにならないよう注意肝心。
アスパラ、パプリカの素揚げを添えてカラフルに。

ベーコンの旨味が効いた新じゃが。
出汁、酒、味醂、砂糖、醤油でコトコト。
最後は絹さや入れて一煮立ち。

すり鉢ですったピーナツに
ピーナツバターや白味噌をプラスした和え衣。
色よく茹でたいんげんを入れ、味をなじませます。

鰹の手くずをすり鉢ですり、味噌汁を少しずつ加える。
温めて、椀によそい、吸口は木の芽。

昆布を入れて炊いたごはんに、
しらすと大葉と赤紫蘇入りの混ぜご飯。

甘味は黒蜜寒天で涼しげ。

ごちそうさまでした。


今日は、鰹尽くし。たたきは、にんにくチップスがミソ。生のにんにくより断然おいしい!
すり流しは、作る前は生臭そうなイメージがありました。が!新鮮な鰹に味噌味と木の芽の香りがよく合って…とっても美味。他の魚料理と比べて手間がかからずごちそう風なので、おもてなしにも重宝します。


posted by テスト at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする