2016年06月30日

水無月の我が家の晩ごはん

お献立は…
鯵の笹巻き寿司
南瓜のコロッケ
夏野菜の冷たい煮物
切り干し大根の和え物
鯵のつみれ汁
小さな甘味

初夏においしい鯵。
大名おろしにして漬け酢に浸し、
酢飯とともに、笹の葉で巻きます。
軽く重しをして味をよくなじませて。

鶏挽肉、茹で玉子をプラスした南瓜コロッケ。
しっかり味付けしたから、そのままで美味。

蓮根、茄子、オクラ、トマト、パプリカ、アスパラ…
食材によって茹でたり素揚げにしたり。
漬け汁に浸し冷蔵庫で2〜3時間。
彩りよく盛り付けて、食卓華やぐ一品。

水でもどした切り干し大根と茹でてさいた鶏胸肉。
サッと熱湯を通した三つ葉とともに、ゴマ風味の和え物。

鯵に、大葉、生姜、万能葱、味噌を混ぜれば、
いつもの、なめろう状態。
これに卵、ほんの少し片栗粉を混ぜてつみれにします。
すまし汁仕立てのお椀は、白髪ねぎを天盛りにして。

甘味は、水まんじゅう。

ごちそうさまでした。


新蓮根は、皮が薄く見た目がとてもきれい!いつもの蓮根とは違う、繊細な旬の味でした。
白髪葱は、そのままじゃピンピンしたまま。水に浸けて手でもむとしんなりします。日本料理は、野菜をシャキシャキとした状態で食べることはほとんどありません。
おけいこを通じて、日本料理の流儀が感覚的にわかってくる。ちょっとした手間を惜しまない。調和に気配りすることが大切、といつも感じます。
posted by テスト at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする