2016年09月13日

長月の我が家の晩ごはん

お献立は…
旬の魚のお造り
海老と菊菜のかき揚げ
秋刀魚の梅煮
小芋の白煮
法蓮草と蓮根の胡麻和え
とろろ味噌汁

お造りは大きな縞鯵!3枚におろしてそぎ切り。
大根、茗荷、大葉の妻と、すだちを添えて。

海老と菊菜と玉ねぎ。
旨味たっぷりのかき揚げ、今回は皆上手に揚げられました。
粉の具合と油の温度…微妙な加減で、毎回揚げ具合が違う。
シンプルな作り方だけど奥が深いです。
(天ぷら屋さんはやはりプロ!)

素頭落とししてワタを出した秋刀魚を3等分。
昆布をしき、梅干しと調味料で12分ぐらいコトコト。
盛り付けは昆布を千切りにして天盛り。昆布、すごく美味♪

丸くむいた石川芋の煮物。
お月見団子に見立てて盛り付けます。
おろした青柚子ちらし、紅葉に抜いた茹で人参ひとつ。

法蓮草、蓮根、蒟蒻、椎茸、人参。
具沢山の胡麻和えは、栄養たっぷり食べごたえ十分。

すった山芋のお味噌汁。
会津の甘味噌と仙台味噌の合わせ味噌でいただきました。

ごちそうさまでした。


お稽古のお魚は、先生が築地の河岸で仕入れてこられます。
最近は台風などの影響でお魚の流通が少ないそう。今回は、当初予定されておられた鰯の献立が秋刀魚に変わりました。
教室では、その都度先生が河岸で吟味された新鮮なお魚を使ってお稽古します。

posted by テスト at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする