2016年12月05日

師走の日本料理

師走のおけいこは、恒例の鍋。
今年はうどんすきです。
プラスおせちに重宝するメニューも2品。

お献立は、
うどんすき
かき揚げ
鶏の味噌松風
ヤリイカとイクラの松前漬け

うどんすきは、
できれば熱伝導率のよい金属製の鍋がおすすめ。
出汁に、鶏肉、海老、蛤も入れて、旨味たっぷり。
白菜、水菜、葱、えのき…
白菜は白いところを薄くそいでしっかり火通し。
粟麩、湯葉、蒲鉾、出汁巻き玉子…
最後に、うどんを入れておなかいっぱい♪

角切りのさつまいも、小柱、糸三つ葉のかき揚げ。
さつまいものホクホクとしたやさしい甘さが美味。

オーブントースターでおいしくできる味噌松風。
鶏挽肉の半分量をからいりしてから混ぜるのがコツ。
西京味噌のコクとケシの実の香ばしさが効いている。
お正月には扇串に刺すと華やいだ一品になります。

細く切ったイカに調味した出汁と納豆昆布の粘り。
天盛りした鮮やかなイクラが味のアクセント。
正月用につくるときは、日持ちを考え出汁は使わないように。

ごちそうさまでした。


毎年おせち料理の特別クラスが開講されますが、通常のおけいこのコースでも正月料理のヒントを学べるのがうれしい。今年は、鶏の味噌松風に挑戦するつもり。ケシの実は普段なかなか使わない食材ですが…「ゴマはやめてね。すごく汚らしくなるから」と先生。ケシの実を買って、ケシの実使う他の料理も調べてみよう。

Instagramで、自由が丘日本料理教室もご覧ください。




posted by テスト at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする