2017年10月23日

神無月の日本料理

日ごとに晩秋の気配が募る10月下旬。

お献立は、
旬の魚のお造り
帆立海老アボカドチーズのおかきあげ
治部煮
法蓮草の早煮
きりたんぽ汁
栗ごはん

秋には一度は食べたい栗ごはん!
だけど剥くのが手間で……まずはみんなで渋皮剥き。

お魚は本日は汐子…カンパチの子どもです。
(前日のお教室はシマアジだったそう。
先生が河岸でその日のおススメのお魚を仕入れてくださいます)
3枚におろし、妻は大葉と大根。

柿の種とおせんべいをミキサーでくだき
揚げ物の衣に。粗くても細かくてもお好みで。
下処理した海老、帆立、カマンベールチーズ、アボカド。
香ばしくておいしい。焦げ付かないよう注意。

肌寒い日に体温まる治部煮。
本来はすだれ麩を使いますが入手するのが困難。
代わりに車麩を入れ、葱、豆腐、人参、大根、椎茸、粟麩…。
酒・みりんは必ず煮切ること。鶏もも肉の旨味じんわり。
素材にしっかり味を含ませて。(もう少ししたら鴨肉も出回ります)
ふたつきの器に盛りふたの裏にはしのび山葵。

法蓮草はさっと茹でて調味料に浸す。
煮付けた、椎茸、油揚げ、エノキダケと和えて、紅生姜を天盛り。

きりたんぽのかわりに粟餅を使いきのこたっぷりのお椀。
炊き上がった栗ごはんにごま塩かけて。

秋の味覚たっぷりの食卓。ごちそうさまでした。

★食材をどこで買うか、どこで買えるかもよく出る話題。おなじみの築地のお店が今後どうなるか気になります。お魚以外にも、昆布屋さん、生麩屋さん…。とりあえず日本料理に関わるものなら築地ならある、と信じてきたけれどこれからは変わるのかな…。場外のお店は今の場所に残るお店も多いようです。
お教室でよく使う粟餅は、自由が丘の和菓子屋さんのものを使用。美味です!


posted by テスト at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする