2017年11月11日

霜月の我が家の晩ごはん

お献立は…
かれいの煮付け
ゆで豚
白和え
かぶら無し
きのこと蕪のみぞれ汁

魚の煮物は
魚に味を浸み込ませるのではなく、
濃い目の煮汁で魚を食べるイメージで。
だから煮すぎないのがポイント。
かれいの皮目の切れ目は深すぎないよう注意します。
味の浸み込んだごぼうが美味。

3種のたれでいただくゆで豚。
豚バラ肉は、脂身が多すぎないもので。
梅酒入りの煮汁でじっくりゆっくり。
白髪ねぎ、えごま、キュウリ、ミョウガなどを添えて。

秋の定番、柿入り白和え。
西京味噌で作るのがおいしい。
今日は具材シンプル、ほうれん草としいたけと共に。

上品な味わいのかぶら蒸し。
白身魚かうなぎをメインに
きくらげ、ゆり根、銀杏、糸三つ葉…
銀あんをかけ、蓋の裏にしのび山葵。

鶏団子に大量のきのこ。
きのこは加熱で水気が出て、かさがぐっと減ります。
おろした蕪と水溶き片栗粉で優しいお椀。

ごちそうさまでした。

★魚は煮すぎてはいけないけれど「かれいは卵に意外と火が入りにくいから注意してくださいね」と先生。上手にできると魚の煮付け、すごくおいしい。白和えに黄色の菊花も散らし、本日は秋の色どり満載。みんなでいただきながら、お節料理のお話なども…早くも心が急いてくる。来月のいつものおけいこは鍋料理で、それとは別にお節料理の回があります。

posted by テスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする