2017年06月18日

水無月の我が家の晩ごはん

お献立は
旬の魚のお造り
鶏もも肉の醤油煮
揚げ茄子のめんつゆがけ
小松菜とじゃこのみぞれ和え
鶏飯

お魚はスズキ♪
スズキは、きれいに3枚おろしにしても、
半身に身割れが入る残念な特徴があります…
なので、棒状の切り身にして杉盛りに。
もしくは、薬味と和えてもよし。
薬味は、胡瓜、茗荷、貝割れ大根にたくわん。
車海老も一緒に盛り付け、梅醤油でさっぱりと。

鶏もも肉は甘みが効いた調味料でコトコト。
茹で玉子もしっかり味をしみ込ませる。
茹でた春巻きの皮にくるみ白髪ねぎと一緒にいただきました。
レタスに包んでもおいしい。

めんつゆは自宅で簡単に作れます。
夏場は冷蔵庫に常備しておくと便利。
茄子、モロッコいんげんを揚げて、
めんつゆをかけてなじませるだけでごちそう。
大葉と大根おろしを添えてどうぞ。

栄養豊かな小松菜は、
細かく刻んで塩するのがおすすめ。
水気をしぼって冷凍すれば、
彩りがほしいときにぱぱっと使えます。
じゃこと大根おろしと甘酢で和えれば、
緑鮮やか、見た目涼やか。

鶏飯は鹿児島県奄美の郷土料理。
ごはんの上に
それぞれ味付けした、鶏肉、椎茸、薄焼き卵。
胡瓜と紅生姜ものせて、
塩分控えめの鶏のスープをかければできあがり。

ごちそうさまでした。


夏の調理はできるだけ手早くすませたい。冷蔵、冷凍を利用して、調理の手間をはぶく知恵を教えていただきました。特に、味付けした椎茸や鶏肉、錦糸卵は、そうめんの具に重宝すること間違いなしです。


posted by テスト at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: