2017年09月17日

長月の日本料理

お献立は…
秋刀魚のみぞれ造り
秋のさつま揚げ
豚の角煮・おくら・湯葉添え
印元、生麩、梨の胡麻和え
松茸と鶏のすまし汁
お萩

旬の味秋刀魚のお造りは
大根おろし、貝割れ大根、花穂を混ぜた大根おろしでさっぱりと。

魚の生身に混ぜるのは、
牛蒡、人参、椎茸、帆立…
秋の味たっぷりのさつま揚げ。

濃いめの味がおいしい豚の角煮。
おくらと湯葉にも味浸みこませて。

炒り胡麻入り田楽味噌で和えるのは
印元、生麩、梨…それぞれの食感と彩りの調和。

松茸の香り広がるお椀。
三つ葉をちらしすだちを添えます。

甘味は、小ぶりに作ったお萩。

ごちそうさまでした。

★9月は、実はお稽古をどうしても受けられず、お弁当にしていただき夕方取りに伺いました。
お稽古日に行けなくなったときは、日にちを変えるかお弁当でいただくか…先生に相談できるのはとても助かります(もちろん常識の範囲で、ですが)。
自分のペースに合わせてお稽古を続けていけるのがとても有難いです。


posted by テスト at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: