2017年07月23日

文月の我が家の晩ごはん

梅雨明けして盛夏到来!
お献立は…
日向飯
鮎の塩焼
茄子と蓮根のはさみ揚げびたし
胡瓜と椎茸とくらげの酢の物
トマトの冷製茶わん蒸し
小さな甘味

日向飯は、愛媛の郷土料理だそう。
今回は日向飯で伝統的に使うお魚、鯵で。
鯵は魚をおろす練習にぴったり。
一人一匹大名おろしにしてそぎ切りにし、
たっぷりの薬味と一緒にたれにつけます。
黄身を混ぜるのが日向飯ならでは。
わさびをほんの少し入れるのが美味です。
もみ海苔入りのごはんにかけて夏の滋養食。

毎年夏に1回、必ずおけいこするのが鮎の塩焼。
串打ちさえうまくできれば、後は化粧塩して焼くだけ。
魚グリルの備え付けの扉付皿をはずし、
バットを使って焼けば、こんがりおいしく仕上がります。

豚挽肉は薬味を混ぜて味付けよくこねます。
胡麻油をプラスするのがおいしい。
茄子と蓮根にはさみ、椎茸にも盛って揚げ物に。
即席で作ったつゆに漬けこみできあがり。

胡瓜と椎茸とくらげ、大きさをそろえて切ります。
生姜酢の和え物はさっぱり、箸休めにもよい塩梅♪
椎茸は醤油を塗り、香ばしく焼くがポイントです。

湯むきしたトマトは、種を取って茶わん蒸しに。
よく冷やして、じゅんさいや星形に切ったオクラをのせます。
耐熱のガラス器で作って、目に涼やかな一品。

甘味は、抹茶葛。
葛特有の白っぽさ残る液が、
火を通して練るうちにつやつやとした透明感に変わっていく。
冷やして、小豆とアイスを添えいただきました。

ごちそうさまでした。


鮎の塩焼きの蓼(たで)酢に使う蓼は、年々手に入りにくくなっているとか。「高価なものではないので、みかけたら買っておくといいですよ」と先生。普通の白身魚の塩焼に添えてもおいしい。蓼を細かく刻み、醤油、酢(できれば出汁も)の合わせ酢に混ぜて使います。

posted by テスト at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

水無月の我が家の晩ごはん

お献立は
旬の魚のお造り
鶏もも肉の醤油煮
揚げ茄子のめんつゆがけ
小松菜とじゃこのみぞれ和え
鶏飯

お魚はスズキ♪
スズキは、きれいに3枚おろしにしても、
半身に身割れが入る残念な特徴があります…
なので、棒状の切り身にして杉盛りに。
もしくは、薬味と和えてもよし。
薬味は、胡瓜、茗荷、貝割れ大根にたくわん。
車海老も一緒に盛り付け、梅醤油でさっぱりと。

鶏もも肉は甘みが効いた調味料でコトコト。
茹で玉子もしっかり味をしみ込ませる。
茹でた春巻きの皮にくるみ白髪ねぎと一緒にいただきました。
レタスに包んでもおいしい。

めんつゆは自宅で簡単に作れます。
夏場は冷蔵庫に常備しておくと便利。
茄子、モロッコいんげんを揚げて、
めんつゆをかけてなじませるだけでごちそう。
大葉と大根おろしを添えてどうぞ。

栄養豊かな小松菜は、
細かく刻んで塩するのがおすすめ。
水気をしぼって冷凍すれば、
彩りがほしいときにぱぱっと使えます。
じゃこと大根おろしと甘酢で和えれば、
緑鮮やか、見た目涼やか。

鶏飯は鹿児島県奄美の郷土料理。
ごはんの上に
それぞれ味付けした、鶏肉、椎茸、薄焼き卵。
胡瓜と紅生姜ものせて、
塩分控えめの鶏のスープをかければできあがり。

ごちそうさまでした。


夏の調理はできるだけ手早くすませたい。冷蔵、冷凍を利用して、調理の手間をはぶく知恵を教えていただきました。特に、味付けした椎茸や鶏肉、錦糸卵は、そうめんの具に重宝すること間違いなしです。


posted by テスト at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

皐月の我が家の晩ごはん

お献立は…
鰹のニンニク味噌
竹輪の三色揚げ
新じゃがの鶏あんかけ
鶏レバーの生姜煮
あさりの吸物

鰹はたっぷりの薬味と共にニンニク味噌で。
炒めたニンニクに調味料を加えよく練り上げる。
パンチの効いた味は汎用性大(厚揚げに葱と一緒にもおススメ!)。
ニンニク味噌は1週間ぐらい保存がききます。

ゆかり、青のり、カレー味の竹輪の揚げ物。
手早くできておいしい簡単お惣菜。

かために茹でた新じゃがは、バターでこんがりと焼き目。
器に盛り付け、鶏挽肉と玉ねぎのあん、茹でたそら豆のせて。
ほくほくおいしい春の味。

新鮮な鶏レバーを熱湯で霜降り水洗いし水気を切る。
心臓も開いて血のかたまりをしっかり取る。
下処理肝心、生姜を効かせた栄養食。濃いめの味に仕上げます。

砂出ししたあさりはゆっくり静かに煮るのがコツ。
出汁の旨味に木の芽の香りがやさしい味わい。

食後の甘味は、白玉団子と小豆あん。

ごちそうさまでした。

★おけいこで使ったレバーはとっても新鮮。新しいレバーが手に入る鶏肉屋さん情報を教えていただきました。
食材、器、調理器具…おすすめ商品やお店のお話も、とてもためになるのです。

posted by テスト at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする